スタッフブログ

 

『封孔処理』のお話

2017-11-10
気が付けばもう11月
2017年もあと2ヶ月ですねsmiley
年々時間が経つのが早くなっている気が・・・
 
さて、今回は溶射にとって大切な『封孔処理』について少しお話させていただきたいと思います
封孔処理とは、読んで字の如く[あな(孔)をふさぐ(封じる)ための処理]のことです。
 
例えば、鉄の棒を錆びにくくさせるために防錆材料(ステンレス等)の溶射をするとします。
 
「これでバッチリ!!」と言いたいところですが、溶射の皮膜は、溶かした粒子を素材にぶつけて形成していくので、粒子と粒子の間には気孔(隙間)ができますイメージとしてはスポンジ状になっていると思ってください。その気孔から汚れや水分などが中に入ってしまうと残念ながら錆びてしまいます
※元々の鉄だけの時よりは錆びにくいです。
 
そこで溶射皮膜に対して封孔処理をすることで、気孔を埋めて悪さをするものが入ってこないようにします。
封孔処理には色々な種類がありますが、当社では基本的に無機系の封孔処理剤をハケ等で塗布することで行っています。
溶射材料や溶射皮膜の厚み等の条件によって浸透度や硬度など適した封孔処理剤を選択していかなくてはなりません。
 
適切な封孔処理を行うことで、良い状態をより長期間維持することができるようになります。
 
今回は溶射皮膜の気孔が悪者みたいになってしまいましたが、この溶射皮膜の特徴の一つであるこの気孔がメリットになることもあります
それはまた別の機会に・・・
 
 

新しい仲間が増えることになりました!

2017-10-06
田中工業のタナカです!
 
このまま冬になるかと思うくらい寒い日が続いていましたが、今日は久々に暖かいです
 
季節はこれから冬に向かっていきますが、当社には一足か二足(?)早い嬉しい春のニュースですsmiley
 
当社では現在も求人を出しています(興味のある方は採用情報もご覧ください)が、今回一人の方の採用内定が決まりました
 
 
市内の高校に通う方で、溶射に興味を持ち、自分で色々な情報を調べて当社に応募してくれました。
小さいころから機械加工等に触れることが多かったようで、当社の仕事内容にぴったりの方です。
対応等も非常に丁寧で、逆にこちらが勉強させていただきました
(お恥ずかしい限りです・・・)
 
まずは元気に残り少ない学生生活を満喫してもらい、来年の4月に
社会人デビュー
をしていただきたいと思っております
 
我々も新しい仲間をむかえる準備をしっかりとしていきたいと思います
来春が楽しみだなぁ・・・
 

焼肉!!!

2017-09-04
田中工業のタナカです!
 
9月に入り、夏の暑さも落ち着いて過ごしやすい季節になってきました
先日、会社敷地内で焼肉を行いました
台風の行方が心配でしたが、ありがたいことに暑からず寒からずの焼肉日和になりました
 
近くにあるS精肉店さんが食材・焼き台・炭など必要なものをほとんど配達してくれたので、準備も楽で助かりましたsmiley
(S精肉店さんありがとうございますm(__)m)
 
やっぱり炭で焼くお肉はおいしいですね
社員のほとんどが車で通勤しているため、アルコール無しの昼食会となりましたが、皆でおいしくいただきました
 
今回は残念ながら参加できなかった方もいたので、次回は全員で開催と思います
 

シャッターが新しくなりました!!

2017-07-19
田中工業のタナカです!
 
連日の30度超えが続き、真っ盛りです
(北海道は涼しいというイメージですが、旭川は普通に暑いです・・・)
体調管理をしっかりして夏を満喫したいですね
 
そんな夏真っ盛りの中、先日溶射工場のシャッターが新しくなりました
(暑い中作業をしていただいた皆さんありがとうございました!)
 
工場が現在の場所に移ってから約30年、雨の日も風の日も雪の日も溶射工場を守り続けてくれた旧シャッターですが、経年劣化等の理由で世代交代となりました!(担当者の話では、旧シャッターは2世代前くらいのモデルだとか)
ちなみに機械工場のシャッターは、一足先に電動式シャッターに世代交代しています。
 
旧シャッターは開閉が重く、コツをつかまないとシャッターが降りない感じでしたが、新シャッターは開閉もスムーズ(当たり前ですが)で色も明るくなったので、工場の雰囲気も明るくなった気がします
 
これからまた30年使えるように大切に使っていきたいと思います。
 
 

セラミックとは?

2017-05-25
気付けば5月もあと1週間で終わりですね!
皆さんは素敵なG.W.を過ごせたでしょうか
 
今回は溶射材料としても使われている
   『セラミック』
について簡単に説明したいと思いますsmiley
 
まずはじめにセラミックとは、陶磁器、ガラス、セメント、耐火物などの窯業製品のことをいいます。
また、電子材料や機械材料、そして溶射材料などの精密で高機能なセラミックのことをニューセラミックスやファインセラミックスと呼んでいます。
 
特徴としては、簡単に言うと「硬くて脆い」
耐熱性、耐摩耗性、耐食性に優れている一方で、機械的・熱的衝撃に弱く脆いという性質があります。
 
溶射では一般的に耐摩耗性・耐食性・耐熱性等の付与を目的に使用しますが、機械的衝撃に弱い点や厚盛ができない(割れやすいため)などの注意点もあるため、用途に応じて溶射方法や材料の選択が必要となります。
様々な分野でセラミックは用いられているので、セラミック溶射は重要な技術の一つです!
 
田中工業株式会社
〒079-8452
北海道旭川市
永山北2条6丁目1番55号
TEL.0166-46-0011
FAX.0166-48-4944
1.溶射加工
2.研削仕上加工・ブラスト加工
3.機械及び部品製作・修繕
4.テフロンコーティング