溶射修繕工程

基本的な溶射修繕加工の流れを説明いたします。

溶射修繕加工の流れ

1.現品検査

修繕依頼品の施工部の確認及び摩耗状況の確認。

2.下削り

最適な機械加工による下削り。

3.清掃・洗浄・脱脂

下削り後の切粉や塵埃等の除去及び脱脂。

4.マスキング

非施工部にマスキング養生。

5.前処理

施工部に対してブラスト処理を行う。

6.溶射

状況に応じた溶射方法および溶射材料で溶射を行う。
溶射後、マスキングを除去。

7.仕上加工

最適な機械加工による仕上加工。
ミクロン単位の寸法で仕上げが可能です。※品物によって条件は異なります。

8.寸法検査

寸法検査及び仕上がり面の検査。

9.後処理

施工部の面取り及びバリ取り等の加工。

10.清掃・洗浄

切粉・塵埃等の除去、温水洗浄。

11.完成

田中工業株式会社
〒079-8452
北海道旭川市
永山北2条6丁目1番55号
TEL.0166-46-0011
FAX.0166-48-4944
1.溶射加工
2.研削仕上加工・ブラスト加工
3.機械及び部品製作・修繕
4.テフロンコーティング