『溶射-Thermal spray-』とは?

溶射とは?

溶射とは、燃焼ガス等を使用して溶射材料を溶融し、相手材料(母材)に吹付けて表面皮膜を得る方法で、溶射材料を目的に合わせて選び、耐摩耗・耐食・耐熱・電気絶縁・電導性の表面処理ができます。
 
この技術は、1910年スイスにおいて開発されて100年以上になりますが、今や一般機械部品から大型建造物や宇宙産業に至るあらゆる分野に広く利用されています。

溶射の特徴

高い性能・精度・経済性・信頼性

  • 摩耗に強い皮膜ができる
 高度の高い皮膜が得られ、また多孔性構造であるため保油性に優れています。
 
  • 耐熱・耐薬品腐食・電導・絶縁などの皮膜ができる
 使用条件に合わせた溶射方法と溶射材料の組み合わせが豊富で幅広い対応が可能です。
 
  • 海岸や工業地帯で鉄を腐食から守る
 母材を保護する皮膜を作るとともに、塗料との密着力が非常に強まり、長期の防錆防食が望めます。
 
  • 母材に熱影響や歪みを与えない
 溶射される素材の表面温度は通常150℃以下で、寸法や構造に影響を与えません。
 
  • 皮膜の厚さを自由に選べる
 皮膜厚さが約30μ~約10mmまで自由にコントロールでき、研磨・切削などの加工により精度の高い部品に
 も対応できます。
 
  • あらゆる形状にも対応できる
 種々の機械部品から大型構造物まで、溶射はその適応範囲が広く、あらゆる分野に対応できます。
 
  • 保守・維持費の低減
 摩耗・熱酸化・海水や薬品による腐食などにより、設備を補修したり更新するのは膨大な費用がかかるもので
 す。溶射皮膜は、長期のメンテナンスフリーを期待できます。
 
  • 補修休止時間の短縮
 溶射装置は、移動性に富み現地施工ができるため、加工時間も比較的短時間で済みます。
 更に、メッキや溶接などの他方法に比べ、補修のための分解が最小限で済みます。
 
  • 生産性向上・高付加価値化に
 溶射施工による、より長期間のメンテナンスフリーや、高信頼性製品の生産は必ず利益に繋がります。

溶射適用分野

  • 製鉄所      :圧延ローラ、熱交換器etc.
  • 製糖工場・食品工場:ポンプスリーブ、ポンプシャフト、熱交換器、モーター軸、タンクetc.
  • 製紙工場     :ポンプスリーブ、ポンプシャフト、モーター軸、モーターカバー、ローラーetc.
  • 農業・土木関係  :農業機械、水管橋・建設機械etc.
  • 家具・木材工場  :生産機器etc.
  • コンクリート工場 :型枠、型枠回転装置etc.
  • 鉄道・自動車関係 :エンジン部品、車輪軸受、モーター軸、クランクシャフト、プロペラシャフトetc.
  • 電力       :ガイド弁・ランナー、ドラフト・サイレンサー、燃料タンク、送電鉄塔鋼管ぐいetc.
 
 他にも様々な分野で溶射の技術は使われています。
田中工業株式会社
〒079-8452
北海道旭川市
永山北2条6丁目1番55号
TEL.0166-46-0011
FAX.0166-48-4944
1.溶射加工
2.研削仕上加工・ブラスト加工
3.機械及び部品製作・修繕
4.テフロンコーティング